誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

人は、どうやって環境に適応するのか?

学習理論

人は、どうやって環境に適応するのか?
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

環境に適応するということの意味は?

自分が自発的にとった行動の結果が、自分にとって良いものをもたらした結果、その行動を「学習」し、繰り返すようになること→「強化」。
自分が自発的にとった行動の結果が、自分にとって悪いものをもたらした結果、その行動を「学習」し、しなくなること→「罰」。
このような「強化」と「罰」を繰り返すことによって、子供は次第に自分にとって良い結果を生み出すような行動を増やし、悪い結果を招くような行動を減らしていきます。
とはいっても、子供が一方的に自分だけ気持ちのよい人生を選択していく訳ではありません。
「学習」とは、人がまわりの環境に自分の行動を適応させていく仕組みなのです。

子供のオペラント行動(ランダム→でたらめ・で自発的な行動)のどれに強化が与えられ、どれに罰が与えられるのかという随伴性(行動の結果として与えられる、という意味)は、子供自身には決めることが出来ません。
それは、周囲の物理的、社会的環境が決めることなのです。

子供が泣いた時に、抱っこしてもらえたり、慰めてもらえたりという好子(こうし=良いこと)が随伴するのは、環境の側(大人の側)に、子供を快適に、気持ち良くさせてあげようという姿勢がある場合です。
子供が泣いたら抱っこで強化された、ということは、子供が自分の回りの環境が準備したものをうまく引き出した、つまり環境に「適応」した、ということなのです。

逆に、与えられた環境にうまく適応せず、自分にとって不利な結果しか引き出せないオペラント行動は、嫌子(けんし=良くないこと)が随伴することによって、減らされていきます。

ストーブが燃えている部屋では、ストーブから少し離れて暖まる行動が「適応」的なのです。
それなのに、わざわざ自分から近寄っていって、燃えているストーブに触ったりすることは、その環境の「適応」には、マイナスです。
だから環境は、母親の厳しい大きな声や、ときには、火傷の苦痛という嫌子で「罰」を与え、その行動を減らします。





憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ