Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

生きている人は「行動」する。

やる気

生きている人は「行動」する。
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

心理学での「行動」とは?

仕事や勉強に意欲を感じたり、人生に生き甲斐を感じたりするのは、生きているからです。
反対に意欲のなさや、生き甲斐のなさから不幸になるのも、生きているからです。
死人が「自分には生き甲斐が無いから不幸だ」などと思ったりするでしょうか?
当たり前のことなのですが、これはとても大切なことなのです。

心理学では、生きている人と死人を区別する基準は、ひとつしかありません。
つまり、生きている人は「行動」するが、生きていない人は「行動」しない、ということです。
行動分析学では、なにが行動であるかということを「死人にできるか」という点から判断することを「死人テスト」と言います。
心理学では「行動」という言葉を大変広い意味で使います。
人が自分の体の機能を使って、周囲の環境やまわりの人々に影響を与えること、これらは全て「行動」です。
死人が生き甲斐や意欲を感じることが出来ないのは、「感情」が「行動」に密接に結びついているからなのです。

仕事や勉強をしていて、楽しくてもっと続けたいと感じられる時に「やる気がある」と言います。
また何か新しいことを始めようとする時「早くやりたい」という気持ちがあると「意欲がある」と感じます。
そして、そのことに、いつでも「やる気」や「意欲」が感じられると、そこに「生き甲斐」を見いだします。

どんな場合にも、仕事や勉強、遊びといった具体的な「行動」があってはじめて、人は意欲ややる気などを感じます。
生活の中に意欲ややる気が感じられるような行動が、充分にある場合に、人は生き甲斐を感じるのです。

反対に「やる気がない」「意欲がない」という場合も、具体的にやるべき「行動」があって、それに対して積極的に取り組むことが出来ない時に感じるものです。
そして生活の中に、やる気や意欲を感じるような行動がなかったり、あっても非常に少ないと「生き甲斐がない」と感じるのです。

ではどうしたら自分の行動に意欲ややる気、生き甲斐を感じるのでしょうか?
それを心理学的に考える場合には、まず人がなぜ「行動」するのか?
そもそも人の「行動」は、どのように決められるのか?
という基本的な問題を調べる必要があるのです。



世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ