稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

オペラント条件付けは「自然淘汰」

学習理論

オペラント条件付けは「自然淘汰」
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

進化とオペラント条件付け

生まれたばかりの赤ちゃんや、初めての経験をする環境におかれた人は、とりあえず、偶然に基づいたランダム(でたらめ)なオペラント行動(ランダムで自発的な行動)を自発します。
このことはとても重要なことなのです。
その環境で、どんな行動をしたら良いのか分からない時には、とりあえずオペラント行動をしてみて、どの行動が強化(自分が自発的にとった行動の結果が、自分にとって良いものをもたらした結果、その行動を「学習」し、繰り返すようになること)され、どの行動が罰(自分が自発的にとった行動の結果が、自分にとって悪いものをもたらした結果、その行動を「学習」し、しなくなること)を受けるかを経験してみること=その環境の随伴性(行動の結果として与えられる、という意味)を知ること、です。
それによって、その環境がどんな環境で、どんな行動をすれば、その環境に適応出来るのかが分かり、ちゃんと適応していけるようになるのです。

つまり、オペラント条件付け(人がなにかの行動をした時、その結果が自分にとって望ましいものであったら、その行動は増え、その後も繰り返される。逆に、行動したときの結果が望ましいものでなかった場合には、その行動は減り、繰り返されない。)による学習(人が経験によって何かを学び、それまで出来なかった行動が出来るようになったり、行動を変えていったりすることを、心理学では「学習」と言う)とは、人が「試行錯誤」によって環境に適応し、気持ちよく暮していける行動を身につけていく仕組みなのです。

理科、特に生物などが得意な人は、この学習と適応の仕組みが自然界で起こるある現象とよく似ていることに気づくはずです。
そうなのです。「進化」です。

学習が、ひとりの人間、一匹の犬といった「個体」が、自分を取り巻く環境に適応していく仕組みなのに対して、進化は、ヒト、チンパンジー、アルマジロといった生物の「種」全体が環境に適応していく仕組みです。
しかし、学習と進化は、「変異と淘汰」という同じ基本的原理で成り立っているのです。

進化における「突然変異」にあたるのが、新しい状況におかれた人間の「オベラント行動」による「試行錯誤」であり、進化の過程の「自然淘汰」にあたるのが「強化と罰」だと考えると、進化とオペラント条件付けの類似性がよくわかります。

人や動物は、種のレベルでは「進化」によって、個体のレペルでは「オペラント条件付け」によって、環境によりよく適応して、生きていこうとするのです。



憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!