5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

罰って本当に必要??

行動

罰って本当に必要??
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

罰の効果は一時しのぎ?

「嫌子」(嫌なこと)によって人の行動がコントロールされることの問題点は、「嫌子」によるもうひとつの「随伴性」(行動の結果として与えられる)である「罰」(自分が自発的にとった行動の結果が、自分にとって悪いものをもたらした結果、その行動を「学習」し、しなくなること)似ついて考えると、もっとはっきりしてきます。

子供のいたずらを叱って止めさせるというのが「罰」です。
「罰」は効果が高く、即効性があるため、特に危険な行動や、他者に危害を与えるような行動を止めさせるには、不可欠です。
望ましくない行動を罰によって制止するのではなく、それと拮抗するような望ましい行動を「好子」(良いこと)で強化するという方保も考えられます。しかし、そうした強化は、罰と比較すると即効性に欠けるのです。

ただし、「嫌子」を与えることには、いくつかの危険性があります。

まず、「嫌子」として効果がある物事には、人間の体や心を傷つける効果もあるのです。
特に、おとなからこども、教師から生徒、というように、強者から弱者への罰には、強者にはそのつもりがなくても、弱者に対して取り返しのつかないダメージを与えることがあります。

体罰が原因となって、亡くなってしまったり、一生残る障害を負ってしまう児童や生徒が後を絶たないのです。

また、「嫌子」によって生み出される不快感は、容易にその与えた主に転移します。
叱られたり、体罰を与えられたりした子供は、親や教師に対して反感を持ち、嫌うようになります。

また、こうした反感はおとな一般や、社会全体にも「般化」(類似の刺激によっても、同じ反応が生じる現象)していくと、おとなや社会に不信感を持ち、期待しようとしない、いわゆる「ひねくれた若者」を作り出すことにもなります。

「嫌子」による随伴性、特に罰による人の行動のコントロールは、長い目で見て、大きな問題点があると言えます。

「罰」や「負の強化」(行動の結果として「嫌子」(けんし=嫌なこと)が取り除かれたことで、行動が増える現象)は、出来るだけ使わない、同じ事が「正の強化」(行動の結果「好子」(こうし=良いこと)が与えられることによって、行動が増える現象)でも実現出来るのなら、根気よく正の強化を用いることが望ましいのです。



5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ